名ホールに名匠が潜ませたトリックと闘う

1960年、設計者・安田幸吉が心血を注いで造り出した18ホールは、国内初の本格派パブリックコース『小田急藤沢ゴルフクラブ』として誕生しました。自然の樹林、アンジュレーションが上手に生かされたフェアウェイは、広々としていてダイナミックなショットがお楽しみいただけます。 ただし、各ホールごとにグリーン周りを中心にトリックが潜んでおり、変化に富んだ戦略性の高いコース内容。名匠が潜ませたトリックとの闘いを是非ご堪能ください。

Page Top